航空券を購入するときの株主優待券の使い方

きっと普段の生活の中で、なかなか航空券を購入する機会は多くないだけに、その航空券を購入するときに株主優待券をどのように使えばいいのかなんて余計にわからないことだと思います。

そこで今回はそんな航空券を購入するときの株主優待券の使い方について紹介していきましょう。

株主優待割引って何?

株主優待割引というのは、そもそも航空会社の株主優待券を持っている人が受けることができる特別なものです。

もちろんそれぞれの航空会社によってルールは多少違いますが、どこの航空会社もほとんど株主優待券1枚につき約50%割引というのが一般的になっているようです。

この株主優待券は、今では多くの金券ショップで販売されていて、この株主優待券さえ持っていれば、株主でなくても誰でも、この待遇を受けることができるのです。

しかもその株主以外でも利用しても良いということを航空会社自体が認めているということもあり、たくさんの人が使える割引制度として機能しているのもつかいやすいメリットの一つですね。

どのようなときに使う人が多いの?

いったいこの株主優待割引はどのようなタイミングで使う人が多いのでしょうか。

多くの人はこの株主優待割引を、お盆や正月といった大型連休のピーク時に使う人が多いようです。

大抵どこの航空会社もこのような繁忙期のピーク時は、他の割引をほとんど行わないので、この株主優待割引はとても貴重な存在です。

さらにもし急な予約変更や、払い戻しにも対応しているので、とても自由で使い勝手がいいのがお得です。

いかがでしたでしょうか?ぜひあなたも航空券を購入するときにはこの株主優待割引を活用してみてはいかがでしょうか。

なかなか知っている人が少ないこの制度をうまく使えばかなりお得に利用することができるので、ぜひ利用することをお勧めします。

関連する記事