航空券を安く買うために使う株主優待券の使い方とは

実際に株主優待券を使って、チケットを購入してみようと思っても、通常と違う手続きになるかもしれないであろうこの優待券の使い方はわからないものですよね。

そこで今回はそんな航空券を安く買うために使う株主優待券の使い方について紹介していきたいと思います。

株主優待券は一回につき一人まで

株主優待割引を恩恵を受けられるのは、一人までとなっており、二人以上同時に一枚の株主優待券で利用することはできません。

しかし、一緒に旅行へ行く人が仮に、予約する時に株主優待券を持っていなくても、チェックインするまでに株主優待券を持っていれば割引は適用されるので、その場合には金券ショップなどを回って株主優待券をゲットしておきましょう。

JALやANAにはVIP待遇もある

通常普通運賃に対しての割引にしか適用できない株主優待券ですが、JALはファーストクラス、クラスJに、ANAではプレミアムクラスにも使えるというVIP待遇もあるので、ぜひ普段乗らない人にとっては、格安で乗ることのできる機会ではあるのでお試しいただくのはアリかもしれませんね。

これらの場合は普通の運賃に対して、株主優待割引が適用されて、それの価格に割引なしの追加料金を上乗せするという形になるので、とてもお得に乗ることができます。

ANAには制限がなくJALには制限がある

ANAの株主優待の座席には制限はありませんが、JALの場合には優待割引が適用できる座席に数が限られているので、割引運賃適用座席が売り切れてしまうと、購入ができません。

しかし、ANAであれば通常の運賃と席が余っていれば購入可能なので、JALよりもANAの方がピーク時には購入できる確率が高いかもしれません。

関連する記事