株主優待券を使える航空会社はどのような会社があるの?

あなたはこれまでの紹介を見て、航空券を購入するときにいかに株主優待券が必要なのかということが分かったと思いますが、実際にはどのような航空会社が株主優待券を発行しており、その株主優待割引を利用できるのか分からなければ、利用することはできませんよね。

そこで今回はそんな株主優待券を発行し、優待割引が使える航空会社について紹介していきましょう。

国内の株主優待割引を設定している会社

株主優待割引を設定している会社は、以下の航空会社になります。

JAL、ANA、エアドゥ、スターフライヤー、ソラシドエア、スカイネットアジア航空、の全5社になっています。

また、JAL、ANA、スターフライヤーに関しては、株主優待券1枚で50%割引を行っており、エアドゥとソラシドエアに関しては、1枚で25%割引をしてくれて、一度に2枚まで使用できるため、いずれにしても、どの航空会社を利用しても、誰でも50%の割引が受けられるということなんですね。

今では国内旅行でも海外旅行でもLCCがとても人気になっていますが、LCCよりも安く行ける場合があるので、そこは時期とタイミングをうまく調節して、利用してみてはいかがでしょうか。

どうやって株主優待券を使うの?

株主優待割引を受ける時も、通常の航空券を予約するときと同じように手続きを行い、電話やインターネットでチケットの予約を最初に行いましょう。

その後、割引後の運賃を支払い、搭乗当日のチェックインをする時に、自動チェックイン機に株主優待券を挿入することで手続きが完了します。

もちろん、カウンターでチェックインすることもできるので、カウンターでチェックインする場合には、カウンターでスタッフの人に株主優待券を渡しましょう。

関連する記事