格安航空券が買える仕組み【株主優待券】

あなたは航空券を格安で手に入れる方法がある事を知っていますか?

もちろん今ではLCCと呼ばれている格安航空券なども増えてきましたが、そのような類いの格安航空券ではなく、ある仕組みを生かした格安航空券を購入できる仕組みがあるのです。

そこで今回はそんな格安航空券か?買える仕組みについて紹介していきましょう。

株主優待券を利用した格安航空券をゲットしよう

株主優待券
あなたは株主優待券という言葉を聞いたことがありますか?株主優待券とは、ある航空会社の株を歩いって数以上保有していることで、その企業から送られる優待券のことを言います。

例えば日本の航空会社で言えば、もしあなたがJALかもしくはANAの株主として、1000株の保有をしている場合、年間で一枚の株主優待券をそれぞれの会社から受け取ることができます。

この株主優待券は誰でも、1000株の株主になればゲットすることができ、年に一回どんな路線に対しても使うことができ、そのメリットは普通運賃の半額の価格でチケットを購入できるというものです。

通常ANAやJALはLCCとは違い、価格も倍くらいの価格で売られていることが多いので、LCC並みの価格でこれらのチケットを購入できるというメリットがあるのです。

株主優待券を利用しての購入の例

そこで実際に上記で紹介した株主優待券を利用して購入する方法をここでは紹介していきたいと思います。例えばあなたがタイまでJALを使っていこうとした場合、片道で約88,000円かかるとします。

その場合、88,000円の半額の44,000円で購入することができるということなのです。そのためこの株主優待券を利用することであなたは44,000円分の得をしたということになります。

実際に金額が大きくなればなるほど、この得する金額が大きいので、ぜひ遠方へ行く機会がある人にとっては、活用してほしい方法です。

株主優待券は株主しか手に入らないのか

格安で買える航空券
いくらこの株主優待券を利用して購入したらお得だからといって、JALやANAの株を1000株も保有することなんてないから関係ないなんて思っていませんか?

実は今では、この株主優待券が金券ショップなどで売られていることもあり、誰でも購入し、その権利を利用することができるのです。

そのため、あなたがもし上記のタイのチケットを購入(格安な航空券サイト空旅.com)する際に、前もっと金券ショップへ行って株主優待券を購入できれば、そのチケット代金と半額の値段で購入できてしまうのです。

だいたい、金券ショップでは株主優待券は一万円前後で売られていることが多く、この場合で言えば、半額の44,000円プラスチケット代の10,000円を足しても、54,000円にしかならないので、どちらにせよ通常価格で買うよりも安く抑えることができるということなんですね。

そのため、あなたがもしこれから飛行機へ乗る機会があるのであれば、金券ショップへ行って株主優待券をゲットすることができれば、誰でも格安で航空券が買えてしまうということをぜひ知っておいてほしいと思います。なかなか見つけられないかもしれませんが、意外と多くの金券ショップで扱っているので、探してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?以上が株主優待券の仕組みを生かした格安航空券を購入できる方法についてでした。誰にでもチャンスはあるので、ぜひあなたも利用してみてはいかがでしょうか?

今はまだまだ知っている人も少なくチャンスがあるので、ぜひあなたも周りの人よりも先に購入して得をしてしまいましょう。